ナチュラル・チーズはまいにち熟成する?

ナチュラル・チーズはまいにち熟成する?

ナチュラル・チーズは、日々熟成しています。そのため、食べ頃のチーズを買ってきて、その日に食べきることがチーズを美味しく食べるポイントです。つまり、肉や魚、野菜などと同じ食材と考えてください。しかし、ギフトなどで大量にいただくときもあります。そういうときは、まず、乾燥しないように保存しましょう。冷蔵庫は乾燥しやすいので、しっかリラップするか、付いてきた包装紙でチーズの切り口を覆います。そして、チーズは温度差を嫌います。そこで、冷蔵庫の中では温度が高めで安定しているチルド室や野菜ボックスなどが最適です。また、パセリ、レタスなどの野菜を入れた密閉容器にラップで包んだチーズを入れておくという方法もあります。こうすると、適度な湿度が保てるためチーズが長持ちします。冷蔵庫に保存したチーズを食べるときは、食事の30分前に冷蔵庫から出しておきましょう。そうすると室温でもとの柔らかさに戻り、風味も変わらず楽しめます。クリームチーズとプロセスチーズ以外のチーズを長期保存する場合、冷凍するという手もあります。冷凍するときは、1回で食べる量に小分けするのがポイントです。チーズが乾燥したときは、捨てずに料理に使うといいでしょう。ハードタイプのチーズは、表面にかびが生えることもありますが、そういうときは、かびの部分だけ削れば食べられます。白かびタイプ、ウオッシュタイプは、硬くなった皮を取り除いてオープンで軽く焼いて食べるとなかなかの味になります。また、ブルーチーズは、細かくつぶしてドレッシング、溶かしてパスタソースと幅広く料理に使えるので試してみてください。

 

チーズの匂いの消し方

まず、チーズ独特の発酵真が嫌いな人は、自ワインで軽く洗い流すといいでしょう。ワインの香りでにおいがやわらざます。また、日の中に残るチーズの食感が嫌いという人は、チーズにハチミツをかけると塩分によるチ‥ズのエグ味がやわらぎます。それでもダメな人は、リンゴのスライスなど、果物にチーズをはさんで食べてみるといいでしょう。果物の酸味と食感で、美味じく食べられます。サラダ好きの人なら、チーズを細かく切って、野菜と混ぜ合わせ、ドレッシングをかけると、案外すんなり食べられます。


このページの先頭へ戻る