チーズの歴史

チーズの歴史

チーズは、アラビア商人のカナナという人が偶然発見した食べ物といわれています。カナナは、羊の胃袋で作った水筒にミルクを詰めて、それをラクダの背中に縛って旅をしたそうです。そして、旅の途中でミルクを飲もうと水筒に口をつけたのですが、ミルクが出てきません。そこで、水筒を破って中を見ると、ミヽルクは白く固まっていました。カナナが自い塊を恐る恐る口に入れてみると、素晴らしい味がしたといいます。アラビアで生まれたチーズは、ギリシャを経て古代ローマに伝わり、大切な食べ物として花開いたのです。

 

 

当時は、羊や山羊の乳、今でいうシェープルというチーズを作っていたといわれています。ローマ軍は、紀元前1世紀頃、ガリア地方(現在のスイス、フランス、ベルギー)を征服しましたが、このときチーズの作り方をフランスなどに伝えたのです。フランスに伝えられたチーズの中で、2000年以上の歴史を誇るのがロックフォールというブルーチーズです。ロツクフオールは、世界三大ブルーチーズの一つとして、多くのファンがいます。このチーズは、フランスの南の山岳地帯にあるロックフォール村で作られています。この村の岩山にある無数の洞窟、そこがロックフォールの熟成する″寝室〃なのですそして、日本でも人気の高いカマンペ!ルは、意外なことにまだ200年の歴史しかありません。カマンベールは、フランス北部のノルマンディ地方のカマンペール村が発祥の地です。

 

 

1791年、ナポレオンー世がこの村に進軍したとき、アレル夫人という人が作ったチーズを大変気に入り、「トレビアン」と夫人にキスをおくったそうです。そして、チーズに村の名前を付けることを許したというのです。しかし、カマンベールがパリに進出するのは、それから100年後のこと。ノルマンディとパリの間に鉄道が開通して、チーズの運搬が容易になってから白かびのクセのある味を知ったパリっ子の間で、カマンベールはどんどん売上を伸ばし、 百理にシェアを拡大したのです。チーズのカビは、食べても、なぜ大丈夫なのか教えてくださいカビには毒性のものもあれば、食用のものもあるのです。ナチュラルチーズの熟成度にはそれぞれ個性があり、素人にはカビの状態を見極めることが難しいため、賞味期限を守るか、専門店等でよくご相談してください。

 

 

 

よく混ぜ合わさったら、牛手レヾックなどの型に流し込んで、冷凍庫で最低5時間位冷し固める。固まったら包丁で切って召し」人間が食べるチーズを大にあげても大丈夫なのですか?ペットショップの方にききました。「人間が食べるチーズは、犬や猫にとって塩分量が多く、胃や肝臓に負担がかかるため、ペットにチーズを与えるのはやめてください。ペットの健康を考えて、チーズを与える場合は、塩分量が少ないペット用チーズが市販されていますので、そちらを示り用するとよいでしょう。」私の父が大好きな酒のつまみは、「クリームチーズしょうゆかけ」/ 父は、これを美味しそうに食べています。衣をつけて揚げるだけの「チーズ天.ζくら」はパーティーの人気メニュー/納豆にパルメザンチーズを,S、りかけて、オープンで焼くと、納豆チーズ焼きの完成!! おいしいですよ。


このページの先頭へ戻る