ニキビケア速報

ニキビケア速報記事一覧

トマトの栄養素とダイエット効果

世界の野菜生産量を見ると、トマトは断下ッの第1位です。なんと、2位のキャベツの倍近い生産量なのです。そして、日本でもトマトは、3年前にキュウリを抜いて野菜の売上げナンバーワンになりました。この日本でのトマト人気は、生で食べて美味しいというだけでなく、ケチャップ、ソースといった加工品が大量に出回っているからでもあります。子供の大好きなナポリタンスパゲティー、オムライス、そしてパスタソースと、トマトは形を変えて毎日の食卓に上ります。また、トマトは、それぞれの国で食べ方が異なります。トマト発祥の国メキシコでは、煮込んで食べることが多いようです。アメリカは、もちろんサラダ。そして、イタリアでは、有名な...
続きはコチラ

糖分を取ると脳は働く

食事によるエネルギー摂取の割合は、タンパク質20%、脂質20%、そして糖質60%が好ましいとされています。そうすると、20?30歳代女子の場合、1日に必要なエネルギーは2000キロカロリーなので、糖質は1200キロカロリーということになります。糖質は1グラムで4キロカロリーあるので、1月に必要な分は成人女子で300グラム。これは、ご飯大盛りで5杯弱の分量となります。しかし、糖分は広く食材に合まれているので、自党なき過剰摂取には細心の注意を払う必要があります。低血糖(血夜中のブドウ糖の濃度力になる)になると、脳へのブドウ精の供給が少なくなり、意識障害を起こすこともある。特1こ糖尿病で糖質の制限を...
続きはコチラ

チーズは赤ワインと一緒だと太らない?

「チーズは美味しい。でも太りそう」という声があります。でも、ご安心ください。太らないためには、チーズの良きパートナー赤ワインと一緒に食べることです。チーズの脂肪分は腸で吸収されますが、そのとき、赤ワインを一緒にとれば、赤ワインの成分「ポリフェノール」が脂肪分の吸収を抑えてくれるのです。つまり、体に脂肪があまり蓄積されず、大る心配が少ないのです。そこで、ワインによる脂肪吸収量の違いを実験してみました。2匹のマウスに同じ種類のチーズを食べさせ、1匹にはその後すぐに水を飲ませ、もう1匹には赤ワインを飲ませました。すると、赤ワインを飲ませた方のマウスの脂肪吸収量は、水を飲ませた方と比べ、およそ半分にお...
続きはコチラ

大量のカルシウムが撮れるチーズ

チーズには、良質のタンパク質と豊富なカルシウムが含まれています。中でも注目したいのは、カルシウム。プロセスチーズー個には、なんとイワシ7匹分のカルシウムが含まれているのです。また、スライスチーズー枚で1日に必要なカルシウムの5分の1がとれます。さらに、チーズに含まれているカルシウムは、非常に吸収がよいということがわかっています。私たちの体に実際に吸収されるカルシウムの割合は、食品によって違います。吸収率は、牛乳やヨーグルトのような乳製品が高く、その中でもチーズの吸収率は50%と、圧倒的に高いのです。この吸収率をイワシに換算すると、チーズー個分で=匹分のイワシに相当するといわれています。この秘密...
続きはコチラ

チーズの歴史

チーズは、アラビア商人のカナナという人が偶然発見した食べ物といわれています。カナナは、羊の胃袋で作った水筒にミルクを詰めて、それをラクダの背中に縛って旅をしたそうです。そして、旅の途中でミルクを飲もうと水筒に口をつけたのですが、ミルクが出てきません。そこで、水筒を破って中を見ると、ミヽルクは白く固まっていました。カナナが自い塊を恐る恐る口に入れてみると、素晴らしい味がしたといいます。アラビアで生まれたチーズは、ギリシャを経て古代ローマに伝わり、大切な食べ物として花開いたのです。当時は、羊や山羊の乳、今でいうシェープルというチーズを作っていたといわれています。ローマ軍は、紀元前1世紀頃、ガリア地...
続きはコチラ

ナチュラル・チーズはまいにち熟成する?

ナチュラル・チーズは、日々熟成しています。そのため、食べ頃のチーズを買ってきて、その日に食べきることがチーズを美味しく食べるポイントです。つまり、肉や魚、野菜などと同じ食材と考えてください。しかし、ギフトなどで大量にいただくときもあります。そういうときは、まず、乾燥しないように保存しましょう。冷蔵庫は乾燥しやすいので、しっかリラップするか、付いてきた包装紙でチーズの切り口を覆います。そして、チーズは温度差を嫌います。そこで、冷蔵庫の中では温度が高めで安定しているチルド室や野菜ボックスなどが最適です。また、パセリ、レタスなどの野菜を入れた密閉容器にラップで包んだチーズを入れておくという方法もあり...
続きはコチラ

糖質は、ビタミンBの関係

一般的には、糖分の多い食事、お酒、ジュースなどを日常的にとり続け、しかも運動をしないような人が成人病や糖尿病になりやすいといえます。糖尿病は、インスリンの働きや分泌される量不足から起こる病気です。食事によって腸から吸収された食品中の糖質は、肝臓を介して血液中にブドウ糖として供給され血糖値が上がります。そして、ブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きで、筋肉組織の中に送り込まれエネルギーとして活躍します。増えた血糖値は、モ不ルギー源として消費されるか、グリコーゲンに作り替えて肝臓に貯蔵されたり、脂肪に作り替えられ、皮下脂肪やお腹の脂肪組織に蓄えられます。しかし高血糖の場合、膵臓...
続きはコチラ

糖質の代謝を高めよう

運動後、乳酸の量を測ってみると、ビタミンBlを注射した人4ol、そうでない人8・4という結果。つまり、ビタミンB‐をとることでより多くの糖質が消費され、疲れの原因の乳酸がたまりにくくなることが明らかになりました。ビタミンB.の1日の必要量は、1ミリグラムといわれています。そして、糖質1000キロカロリーを代謝するのに、最低でも0・5ミリグラムのビタミンB‐が必要です。グラム単位で表すと、100グラムの糖質に対して、0・2ミリグラムのビタミンB‐が必要ということになります。そこで、効率よくビタミンB‐をとることが大切です。また、ビタミンB‐を効率よく吸収するために、ぜひおすすめしたいのは、タマネ...
続きはコチラ

糖分の特徴のまとめ

糖分は必要不可欠な平不ルギーの供給源である「糖分は体に入るとすべてブドウ糖に転換してエネルギー源となる」糖分はとりすぎた分は体内に脂肪として蓄積される「平不ルギー源として消費した以外は、肝臓に貯蔵されたり、脂肪として蓄積される」糖分をとるときはビタミンB‐も一緒にとること「糖質はビタミンB‐がないとうまく消費されず、疲れのもとになる乳酸が残ってしまう」脳の働きをよくするためには1日最低100グラムの糖質が必要『脳はブドウ糖を貯蔵できない器官なので、毎日とらなければいけない」糖分は必要不可欠なものだが、とりすぎもまた体に害を及ぼす「糖分をとワすぎると、肥満なり糖尿病へと進む恐れがある」運動をする...
続きはコチラ

糖分の効果と注意点

人間が一番最初に感じる味覚は、「甘み」だといわれています。それは、人間が生まれて初めて食べ物として日にするのが母乳だからです。母乳には乳糖という甘い成分が含まれているので、最初の味覚はその甘みということになるのです。こうして、誕生のときの甘みを覚えた私たちは、その後も″甘い″食べ物を好むようになります。もちろん、甘いものが苦手な人もいるでしょう。しかし、甘みのもとは「糖分」ですが、糖分は甘く感じる食品だけでなく、あらゆる食品に「糖質」という形で含まれているのです。この糖質は、私たちにはとても大切な成分です。ダイエットをして糖質を極端に制限すると、脳がエネルギー不足になり、意識障害を起こすことが...
続きはコチラ

食生活や生活習慣の重要性

ある集団(コホート)を対象に、食生活や生活習慣などの病気の危険因子の影響などを調べる研究デザインです。時間を追う「前向き研究」なので、特定の偏向が入り込む可能性が少ないという利点がある半面、数年から十数年間をかけ、数万から数十万人の人々の健康状態を追跡調査しますから、多大な労力と費用がかかります。コホート研究では、喫煙習慣と肺がん罹患の関連や、血中コレステロールと心筋梗塞の関連などが明らかにされています。特定の病気になった患者さんたちの群(ケース=症例群)と、性別や年齢などの条件がよく似た健康な人たちの群(コントロール=対照群)を比較し、病気の危険因子と思われること(例えば食生活や喫煙など)の...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る